HOME > 病名検索 > 子宮筋腫
子宮筋腫

子宮筋腫とは、子宮の筋肉から発生した良性腫瘍です。子宮の中の筋腫は、カプセルに包まれたような形をしいて、子宮漿膜下、子宮内膜直下、子宮壁筋層内にいろんなところに存在します。 子宮筋腫は子宮にできるこぶのことで、子宮の筋組織からできた良性腫瘍のことです。

30~40代の女性に多く、女性ホルモン(エストロゲン)との関連が疑われていますが、正確にはよくわかっていません。女性ホルモンが出なくなる閉経後は、筋腫は大きくなりません。むしろ小さくなることが多いです。子宮筋腫の主な症状は、月経困難症や過多月経です。

また、筋腫が大きくなると、周囲の臓器を圧迫する症状がでることがあります。しかし、筋腫のできた場所や大きさによっては自覚症状がなく、健康診断で貧血を指摘されて初めて気付くこともあります。子宮筋腫の症状で一番怖いのは粘膜下筋腫です。

月経時にボコボコと溢れるようなとんでもない量の出血が起きると、出血性ショックになることもありますし、過多月経が続くと、高度な貧血を呈します。漿膜下筋腫の一種で子宮の外に発育していく有茎漿膜下筋腫は、茎の部分がねじれて筋腫捻転が起こると、大激痛に襲われ、即手術ということになります。

当院の取り組み

当院の子宮筋腫に対する針灸治療目的は、子宮筋腫患者にできるかぎりの回復の機会を提供することと子宮筋腫の完全な回復までの時間を短縮することです。

25年間、当院は、子宮筋腫の治療に力を入れて、試行錯誤の末、独自の電気針治療法を開発しました。特殊な鍼と電気の併用で良い成果を上げています。 鍼灸治療によって、治癒した例、改善した例を合わせると75%は経過がよいと考えられます。
当院が手術に頼らない東洋医学的な治療法で子宮筋腫の治療を行ってきました。特に特殊な針、灸の応用で、多くの子宮筋腫患者の症状の改善が早い段階で見られます。

針灸治療で、もっとも早く改善された症状は

1.過多月経と不正出血、2.生理痛、3.圧迫症状
そのなか、12名の不妊症の子宮筋腫患者が妊娠できるようになりました。

治療実績

当院の独自な鍼灸治療は、卵巣から分泌されるエストロゲンの働きを軽減する効果の高い方法です。 鍼灸治療によって、治癒した例、改善した例を合わせると75%は経過がよいと考えられます。

鍼灸治療のメカニズム

当院の鍼灸治療を受けた後、卵巣から分泌されるエストロゲンというホルモンが減り、筋腫を縮小させる働きが盛んになります。